アラフォー女の生きる意味

人生折り返しといわれるのはまだ早い!40代独身女性のやるべき4つのヒント

投稿日:

20代、30代と周りの独身女性が結婚する姿を見ながらもいつの間にか、ほとんどの友達や同年代の同僚や親戚が既婚者となってしまった。
中には独身へと帰り咲いた人もいますが、それでも自分の子供がいるので、年を取って老いてしまってもそこまで寂しく感じない。
しかし自分が老いたら、孤独になってしまう可能性の方が高いことから、40代から徐々に老後に向かっての準備を始めたいです。

40代からでも婚活にチャレンジしてみましょう

40代になるまで結婚を意識していない人の中には、仕事や事情があって家族や親せきの面倒を見ていて婚期を逃していることがあります。
この場合は、生涯独身で結婚よりも老後の生活の方を考えたり、結婚自体を諦めることが多いです。
ただ中には異性と交際している経験もありますし、異性と付き合うことも夢見ていた。
けど、別のことを優先したことから、結婚まで辿り着けなかったということもあります。
40代になりますと若い頃と比べて、肌や髪の毛の艶が衰えてしまった。
筋力も下がってくることから脂肪が付きやすく、見た目のシルエットも悪くなってきたなどの劣等感も出てきて、婚活するのも遠慮気味になってきやすいです。
しかし現在はエイジングケアができる化粧品や、エステの技術も向上し、お金があれば自分磨きをすることによって若返ることも可能です。
お金がなくてもネットで検索すれば、色々な情報を入手することもできますので、努力次第で見た目の衰えを解消することもできます。
現在は20代、30代で結婚する人もいますが、40代で初婚の人も増えてきています。
自分の望みどおりの相手を探すには、それなりに時間が掛かるものの、ゼロではないのです。
40代になる前から婚活をしている人はそのまま続けることを勧めますが、婚活未経験者でも40代からでも遅くはないのでチャレンジをしてみましょう。

40代になって生きる意味を探してしまうほど、心が不安定になった時期もあります。

 婚活パーティーでの出来事をこちらにまとめたので参考にしてみてください。

40代独身女性の生きる意味とは一体何?私が歩んできた人生を振り替えって

同じ40代の独身女性の友達を作ろう

40代になりますと、同年代の友達のほとんどが結婚し子供がいることから、会う回数も減ってきたり会話の内容が合わないことがあります。
それでも長く友達として付き合うことができても、老後になりますと行動範囲も代わってきますし、ますます会話の内容も合わなくなってきます。
まだまだ自分の気持ちを抑えることができますが、ホルモンバランスの乱れによって感情を抑えることも難しくなってきます。
環境が違う友達と会話している時に、少しの内容によって嫉妬や妬みなど負の感情が出てきて、喧嘩になるケースもあります。
環境が違いますとお互いの気持ちも分かりあえないですし、内容も共感することができないのでつまらないと感じてきます。
そうなってくる回数が増えてきますと、友達どころか人と会うのも億劫になってきます。
中には仕事や用事以外は、ほとんど家からでないということもありますし、外出しないことから新しい趣味を持つこともないです。
人との会話する機会も少ないことから、職種によっては頭の回転も鈍くなってしまうことに繋がります。
そこで意を決して、同じ環境の独身女性のお友達を作ってみましょう。
趣味を探すためにカルチャースクール、体作りのためにジムを申し込んだりなど、新しいことにチャレンジをしてみます。
食べ歩きが好きでしたら新しい店を探すことによって、同じような環境の独身女性と出会うこともできます。
SNSにて検索し、同じ趣味を持っている人とコンタクトを取ることによって、出会うケースもあります。
新しい出会いがあることによって、昔からの人間関係の影響が出ることや楽しい出会いばかりでもないこともありますが、孤独から遠のくことができます。
40代からは老後のことを考えるほど、徐々に孤独への恐怖感が出てきますし、孤独が嫌でなくてもちょっとした瞬間に寂しさを感じてきます。
それを防ぐために、少しでもいいから同じ世代の独身女性の友達を作ってみましょう。

新しい趣味を作ってみましょう

先ほどの続きに近いですが、20代、30代と今まで忙しい人ほど趣味から縁遠くなっています。
趣味に費やす時間がないほど忙しかったり、他のことを優先するほど、新しい趣味を探すのも探し方が分からなかったり億劫に感じてきます。
若い頃は好奇心も手伝って、目に入っていた気になるものに対して幾つも興味を持って、時間もあったことから没頭していました。
しかし40代になると好奇心も薄れてくることもあれば、趣味に没頭するほどの体力も気力もない日もあります。
新しい人間関係にも疲労感を与えられたり、気づかいすることも面倒だと感じたり、趣味の内容によってはお金が掛かる。
色々と負の要素を上げることによって、結局趣味を探すことも止めてしまうことにもなります。
ただ独身ということから、家族がいないことから遠慮しなくても、お金を掛けても迷惑かけることもない。
夜遅くに帰宅しても文句を言われることもなく、仕事や用事ごとの都合さえつければ、何時間も趣味没頭することができる。
新しい趣味を探すのに抵抗があれば、若い頃に夢中になっていた趣味を再び始めても良いです。
趣味があれば、仕事と家以外の世界がありますし、友達も増えてきます。
夢中になることによって、老後に向かっての楽しみ方も1つ増えてきますので、心を豊かにするために1つ趣味を持つことを勧めます。

老後に向かって少しずつ終活をする

最近は終活という言葉まで出てきたお蔭で、老後に向けて何をするのか分かりやすくなりつつあります。
ただ40代といいますと男女関係なく、まだまた働き盛りの世代です。
高齢の人と比べてもフットワークも軽く、独身なほど遊びたいまたは恋愛をしたいという気持ちもあります。
確かに40代はそこそこ体力もありますし、夜更かしすることもできるので、夜遊びしても楽しいと感じます。
女性の場合は、まだ妊娠・出産することができる可能性があることから、恋愛して結婚したいという夢も諦められません。
また仕事が順調ですと、遊ぶのと同じくらいに仕事も楽しいので、老後のことを考えるのもまだ先と思ってしまいがち。
しかし日頃の不摂生のツケが体の不調となって返ってくるのは40代からで、運動不足な人ほど体に負担が掛かりやすくなってきます。
少しの不眠や不休が、風邪の初期症状や疲労感などへとなってゆき、大病に罹ってしまったというケースもあります。
40代は人間の平均寿命の折り返し地点、体力だけではなく他の部分も徐々に衰えてきます。
いざ老後の為に色々と考えるとなりますと、体力も付いていけないので、思いつき始めたら時間がある時にだけ少しずつ始めましょう。
では何をすればよいのかといいますと、1度に色々なことをやっても疲れるだけです。
老後の事ばかり考えても、頭の中まで老け込んではいけないので、まずはいらない物の整理から始めます。
40代ですと、昔の写真までデジタル化にはなっていないことから写真の整理や、着られなくなってきた衣類だけでも整理しますと心の持ちようが違ってきます。
40代後半になってきますとお墓のことも心配になってくる人もいますが、老後に住む所やお墓のことまでは考えなくても、身の回りのことをまずはやってみましょう。

人生の折り返し地点と言いますと、自分自身が老けた感じに思えます。まだまだこれからの生き方についてしっかりと向き合い考えていかなければ、この先本当に暗い人生を送ることになるでしょう。
しかし老後に向かっての寂しい気持ちよりも、心を豊かになろうとする気持ちの準備もしておきしょう。
その途中で終活しても気分が落ち込まず、いかに自分の人生の終わりに対しても冷静な判断もすることができます。
もちろん体のことも考えて、お金の準備もしっかりしておくことも、忘れないようにしてきましょう。

-アラフォー女の生きる意味

Copyright© 40代独身女の生きる意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.