40代独身女性の恋愛について過度な憧れや期待を抱いているような女性は

40代独身女性の恋愛について過度な憧れや期待を抱いているような女性は

大人としての自覚を持ち、男性に頼るようなものの考え方は止めましょう。

40代にもなれば、性別に関係なく、ある程度の経験を積んだ大人の人間としての自覚が必要です。一人の常識ある大人として精神的にも自立していないと、素敵な男性とは出会えたとしてもお付き合いが続かないと思います。若い女性のように連絡を密にしないと不安だとか、自分と会っていない時は何をしているのかなど、相手のすべてを知りたいという欲求を前面に押し出してくるような、配慮のかけらもない女では全く持って魅力のかけらもありません。それは容姿の良し悪しに関係などなく、40代の魅力的な女性には懐の広さを感じさせる余裕がないといけません。この年代になって一人が嫌、寂しいといった自分が一番的な考え方をしていると、男性など寄っては来ません。寄ってくるのはお金のない馬鹿な輩ばかりで、お互い成長するような恋愛をしたいなら、自分がまずはきちんと自立することが先です。

仕事は生きている要、プライベートときちんと線引きをして頑張ること

20代くらいであれば、彼と一緒にいたいから今日は仕事をさぼってしまおう、といったことも許されるでしょう。これがあくまでも若い女がすることであって、40代の成熟した大人の女性がすることではありません。例えのめり込んでしまうほどの好みの男性と出会い、相思相愛になり、お付き合いがスタートしたとしても、そんならラブラブの時期であっても、仕事をおろそかにするような幼稚な女はダメです。恋愛は恋愛、仕事は仕事、生きていくための対価を得る為にしている仕事は、40代で独身であるなら全力で頑張るべきです。仕事中に恋人の事を思い出すのは大いに結構ですが、それが仕事に支障をきたしてしまっているなら危険です。責任ある一社会人として迷惑をかけない、これは絶対に遵守しなければならないことで、仕事をバリバリと頑張っている女性ほど魅力的だということを肝に銘じておきましょう。ということから、仕事中に恋人に連絡を取るような行為は緊急以外は止めておきましょう。公私の区別をきちんと分けられる人、こういった精神的に大人の女性は非常に魅力的で、お付き合いをしている男性も安心できるものなのです。

自分の時間、二人で過ごす時間をきちんと持つこと

四六時中一緒にいたい、いるべき、いても楽しい、これは若い子供のお付き合いの仕方であって、大人同士の恋愛は自分の時間もしっかりと確保するのが普通です。40代ともなればそれまでの生き方、過ごし方というものもある程度確立しているのが一般的で、週末の休日の過ごし方も決まっているでしょう。ここに恋愛関係の恋人が入ってきたとしても、せめて休日2日のうちの1日、毎週でなくても隔週でも良いのではないでしょうか。その分平日仕事が終わってからディナーを一緒に食べるとか、寝る前には必ず連絡を取るとかすれば、十分関係性は深めていけます。ある意味、休日のたびに一緒に過ごしたいというような男性はかなり依存性が高いと見え、仕事が出来るタイプではないでしょう。それは逆にも言えることで、大人の女性なのですから休みの日には普段できないことをするために時間は使うべきで、常に彼と一緒に入れるような女性はおそらく、掃除や洗濯といった家事はしていないであろうし、実家暮らしの女性ならすべて母親任せという幼い人間性のまま年を取ってしまっている可能性もあります。休みの日には身の回りの環境を整えたり、自分自身の身体や心のメンテナンスを行い、残りの日は大好きな恋人と一緒に過ごす時間を楽しむようにしましょう。

40代女性は聞き上手であるべき

この年代ともなれば仕事も私生活も、色々な経験を踏んできているのが普通であり、その経験をもとに人間に厚みが増しているのがこの年代の女性の醸し出す魅力でもあります。そういったわけで彼と過ごす時は聞き上手になってこと、が大切です。男性はいくつになっても幼稚な部分があるもので、女性には母親を求めている節があります。この日本社会で男性の立場で、普段の仕事において抱えているストレスも相当なものでしょう。今日はなんだか疲れているな、聞いてほしいことがありそうだな、と察知したら、さりげなく今までの恋人との会話の中からヒントを引き出して、話を振ってあげましょう。話したそうな雰囲気が見て取れたら聞いてあげればいいし、離したくなさそうな雰囲気なら、楽しめる話題を提供してあげればよいのです。こういった時は決して自分の愚痴ではなく、明るい話題を切り出し、一緒に過ごしていると楽しめる女性だな、気持ちが楽になる女性だなと思わせることが肝心です。

この年代の恋愛は結婚を意識しすぎないこと

一度結婚経験のある40代独身女性ならまだしも、一度も結婚をしたことのない40代独身女性ははっきり言って重たいです。結婚というものに対して過度な憧れや期待を抱いているような女性は、男性からするとよほど突起した魅力があるならまだしも、敬遠されてしまう対象です。もし恋愛関係が上手くいっていたとしてもゴールは結婚でなくてもはずで、同棲を経て事実婚という形でも良いのではないでしょうか。せっかくうまくいっている関係であっても、あまりにも入籍といったことにこだわりすぎると、男性が引いてしまうことも考えられます。精神的にも経済的にも自立出来ている女性であるなら、別段入籍をする必要などなく、この年齢での結婚であれば子供を授かれる可能性も限りなく低いでしょう。結婚ということにこだわらず、焦っていない女性の方が、男性にとってはこの人と一生一緒にいたい、離したくない、助け合っていきたい、一緒の墓に入りたいとなるわけです。

40代になってからの恋愛は、お互い秘密があるくらいの方が関係性が上手くいきます。自分と出会うまでの長い期間の歴史というものがお相手にもあるのですから、そこをほじくり返したり、知る必要はなく、その歴史が積み重なって出来上がった彼を好きになったのですから、過去は関係ありません。自分は自分、人は人、この精神で物事を考えられるようになれば依存性が低くなり、自分の価値観を相手に押し付けてけんかに発展してしまうということも避けられます。話してこないことはあえて知ろうとこと、聞かれていないことはあえて自分からペラペラしゃべらないこと、こういった距離感は大切で、これは決して秘密主義者や嘘つきということとは別物です。

miya99990